永久脱毛の知っていて欲しい事

永久脱毛は、法律で定められた医療行為になります。医療期間以外で行われているものは、違法行為になります。昭和59年11月13日及び、昭和63年2月4日に「永久脱毛」をするにあたって、厚生省、医事課から、永久脱毛を業として行った場合、医師法第17条の医業に該当し、医師免許をもたないものが行えば、医師法違反になります。とされ、医療機関以外では永久脱毛は禁止になっています。しかしながら、医療機関で特殊な診療を行っていても、広告にすることは法律で禁じられているのので、一般に広く知られないのが特徴です。エステティックサロンなど、医療機関以外の所では、広告規制がないため、自由に広告ができるため、厚生省、医事課から禁止の通達があるにもかかわらず、脱毛の広告がマスコミに繁殖するのです。この無法状態は脱毛をご希望される方々にかならずしもいいことばかりではないのです。ビューティー17「安全、確実、お得」といった言葉を信じて、飛びついたものの「確実に処理してくれなかった」「お肌のトラブルを招いた」「次々に費用を追加された」などのトラブルが後をたちません。日本医学脱毛協会には、全国32病院、医院が加盟していますので、まずは、お近くのクリニックにご相談してカウンセリングをしてみたらいかがでしょうか?医療機関や、エステティックサロンの脱毛は、毛乳頭を破壊したりダメージを与えるものです。毛だけを処理する、自己処理と区別する為に、永久脱毛という言葉を使用している企業もあります。

Comments are closed.