脱毛の方法のポイント

自己処理の方法としては、カミソリで剃ったり、毛抜きで抜いたりといった脱毛法は殆どの人がご存じだと思います。脱毛(除毛)クリームやムースは脱毛したい箇所にそれらを塗って、一定時間が経過した後、クリームやムースをふき取ったり、洗い流すと除毛出来ます。テープは除毛箇所に貼りつけてはがしとり、除毛。ワックスなどは塗ってから乾くまで待ち、剥がすという違いがあります。次は専門家による脱毛の方法です。電気脱毛は、主に医療機関・エステティックサロン(以後、エステ)で行われている方法で、治療用の特殊な針を毛根やその周辺に差し込み、その針に電気や高い周波の電流を流す事により毛根自体を破壊して脱毛する方法です。絶縁針脱毛・ニードル脱毛ともに、主に医療機関で行われ、基本は電気脱毛と同じ仕組みで、絶縁針という特殊な針を使うか、ニードルという特殊針を使うか、どちらを使って処理するかで区別される脱毛方法です。ビューティー18医療レーザー脱毛は主に医療機関で行われ、毛根やその周辺組織を医療用のレーザー光を使って熱破壊することで脱毛する方法で、永久効果が高い事、短時間で脱毛できる上に痛みも少ない事から人気のある方法です。光脱毛、IPL脱毛、フラッシュ脱毛、プラズマ脱毛いずれも脱毛の仕組みはレーザー脱毛とほとんど同じですが、用いる手段に違いがあり、かかる費用の高低に違いもありますので、専門機関でよく話を聞いてどの方法が良いか比較して施術をうけるとよいでしょう。

Comments are closed.