脱毛の際に気をつける事

脱毛は闇雲にするものではなく、闇雲にしても効果はありません。自分自身に最適な手法を見つけましょう。自分の肌に合わない方法を選択してしまうと、危険な脱毛になることもあるので、気をつけましょう。安全性が高いレーザー脱毛ですが、休止期の毛は脱毛できません。レーザーは休止期の毛根に反応しないからです。成長期になるまで、またなければいけません。レーザー脱毛している間は、事故処理はNGです。抜いてしまうと、毛根がなくなり、レーザーを当てても効果が少なくなります。カミソリやシェーパーで剃って処理をするのはOKです。レーザー脱毛をされる方は、自己処理で毛抜きなどで抜いていた場合は、施術をするのは2ヶ月ほどあけた方がいいです。日焼けにも注意しましょう。レーザーは、メラニン色素が反応するためです。肌のメラニンがレーザーが反応し、やけどしてしまうからです。脱毛直後は、肌も熱をもっているので、赤みをおびています。ビューティー16日焼けをしていると色素沈着やシミの原因になるので、施術に影響するので、日焼けはさけたほうがいいでしょう。未成年でも施術は受けれますが、親の承諾が必要になります。中高生は成長期のため、毛根を破壊しても、新しく毛がはえてくることがあります。脱毛は成長期の止まる18歳以上がおすすめです。妊娠中は脱毛しないでください。副作用などはないのですが、ナーバースになっている時期だからです。脱毛は、美容を目的とした医療になるため、健康保険は使えません。

Comments are closed.